FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NPO法人沙漠緑化ナゴヤ 第20回通常総会開催

 2017年9月27日(水)午後6時から、NPO法人沙漠緑化ナゴヤの第20回通常総会が、愛知県女性総合センター「ウイル愛知レストラン」で開催されました。総会は豊住理事長の挨拶の後、太田副理事長を議長に選出して次の議案が審議され、可決承認されました。
(1)第1号議案 平成28年度事業報告及び収支報告承認の件
(2)第2号議案 平成29年度事業計画(案)及び収支予算(案)承認の件

 次いで、第1次から第20次までの緑の協力隊に参加された全隊員53名が、功労者として緑の大賞を授与されました。その後、第21次緑の協力隊参加者が紹介され、会員の懇親会が盛大に執り行われました。皆様方にご協力を賜りありがとうございました


s-topics34.jpg
                       
s-topics35.jpg

  なお、総会にあたり 日本沙漠緑化実践協会 会長 藤田 佳久 様からお祝辞を頂戴いたしました。ここに謹んで掲載させていただきます。

      祝 辞         沙 漠 浪 漫  
                        
                        特定非営利活動法人 日本沙漠緑化実践協会
                                          会長  藤田 佳久

 NPO法人沙漠緑化ナゴヤ第20回通常総会開催にあたり、一言お祝いを申し上げます。
貴法人は1991年日本沙漠緑化実践協会初代会長遠山正瑛氏が提唱した中国の沙漠緑化活動についていち早く呼応され、こんにちに至るまで毎年数々の地球環境保全活動に実績をあげて参りました。とりわけ甘粛省や青海省における黄土高原を中心とした現地小学校等との共同植樹活動や人材の相互交流は、沙漠緑化活動のモデルとして各界から高く評価されており、心から敬意を表する次第であります。

 さて、中国では2017年1月1日より「中華人民共和国海外非政府組織国内活動管理法」(通称・NPO管理法)が施行されることになりました。これは海外の非政府組織が中国国内で活動する場合、これを規範化し指導することにより、交流と協力を促進するために制定された中国法です。
 従来の比較的自由な海外ボランティア活動に比べ、登録申請や活動規範、監督管理、法律責任などが明文化され、中国の法律を遵守しなければならないことが明記されています。
 今後の中国におけるボランティア活動は、これらのことをしっかり踏まえて取り組む必要があろうかと思います。

 日本沙漠緑化実践協会は、1991年中国内モンゴル自治区恩格貝で沙漠植林を開始して以来、2016年までの緑の協力隊の植林本数は4,066,175本となり、派遣ボランティア数は12,727名となりました。
 また、本年6月に内モンゴル自治区で開催された「沙漠化防止技術革新国際首脳フォーラム」に当協会代表が出席し、これを報告したところ出席者から感嘆の声をいただくことができました。
 沙漠緑化活動は何よりも「継続」が力であり、広大な沙漠の緑化活動に貴法人共々挑戦を続けたいと願っています。
スポンサーサイト
プロフィール

sabakuryokka

Author:sabakuryokka
Welcome! to our Blog

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。