FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国川北小学校の陳先生からのお見舞い状

 ここ2年間池田事務局長が病気療養のため、緑の協力隊への参加を辞退されていた。今年も6月8日から13日まで第22次緑の協力隊を中国に派遣したが池田さんは参加されなかった。この事態に気づかれた川北小学校副校長の陳 学梅先生が池田さんあてお見舞いの手紙と品を、第22次隊の太田副理事長に寄託されたものである。
 実は、陳先生は平成25年4月に子供達を引率して来日され、池田宅でホームステイ生活を体験されている。

尊敬する 池田 様
  こんにちは? ここ一、二年、植樹隊の皆様の中にあなたのお姿がなく、とても寂しく思っています。昨年あなたが入院されたこ とを知り、ずっと心配しておりました。病状が気になりながら、お言葉も掛けられず、連絡の手段もありませんでした。
  今日、王琦さんからあなたの病状が良くなったとお聞きし、大変嬉しく思いました。あなたはとても親しみやすく、日本に行った時 も、できる限りのお世話をして下さりました。あなたのそのお姿が私の心の中に残っています。
  今、あなたはご病気なのに、私は遠く離れた場所に居り、お見舞いに行くことが出来ないので、お手紙を差し上げることにしまし た。早くお元気になって下さい。治療に専念されご回復される事をお祈り致しています。
  あなたからの贈り物頂きました。温かいお心に感謝いたします。
  最後に、あなたとあなたのご家族の皆様のご健康と、お仕事が順調で幸せであります様お祈りしています。
              2018年6月9日
                  中国甘粛省永清県川北小学校 陳 学梅

         s-中国川北小学校 陳 学梅先生             s-沙漠緑化ナゴヤ 池田事務局長

                  陳 学梅 先生                           池田事務局長
スポンサーサイト

第22次緑の協力隊を中国に派遣

 平成30年6月8日から18日まで第22次緑の協力隊10名を中国甘粛省永靖県劉家峡の黄土高原に派遣し、川北小学校及び川南小学校の生徒達と共同植樹をしました。
例年5、6月に協力隊を派遣していましたが、昨年は10月に実施したため寒さの影響を受けてか苗木がほとんど枯れてしまっていました。枯れ木を抜いて新しく植え替える作業はかなり大変でした。
 この場所は2001年から当会が独自で地元の川北小学校とタイアップして共同植樹を開始し、更に 2009年からは川南小学校とも植樹に取り組み、当会の植樹の聖地とも言われる場所になっています。
2001年当時、劉家峡の地元では、この活動は1~2年で終わるだろうという見方もありましたが、今年で18年目となった共同植樹は、地元の信頼を得る活動になりました。
 ここには2013年植樹を終えて帰国し急逝された初代緑の協力隊長加藤さんと、昨年病気でお亡くなりになった二代目緑の協力隊長早川さんの功績を称え顕彰の碑を建立しました。両先輩に見守られて22次隊員は子供達と共に頑張って木を植えました。植樹後両校の学校を訪問し子供達と交流を図りました。この両ミッションを終え6月10日無事に帰国しました。

s-20180609川北小学生と植樹1s-20180609川北小学校訪問1
   川北小学校生徒達と共同植樹          川北小学校訪問

s-20180610川南小学生と植樹1s-20180610川北小学校訪問1
   川南小学校生徒達と共同植樹          川南小学校訪問
プロフィール

sabakuryokka

Author:sabakuryokka
Welcome! to our Blog

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。