中国甘粛省の小学生が名古屋でホームステイ体験

 「NPO法人沙漠緑化ナゴヤ」は創立10周年を記念して、2006年から中国の黄土高原で共同植樹をした中国の小学生を名古屋に招くホームステイ事業を実施しています。いままでに先生8人、高校生1人、生徒25人を招待しました。今年は甘粛省永靖県劉家峡の小学校の男女生徒それぞれ2名、引率の女子先生1名計5名を招待しました。
 日程は2017年5月10日から15日までの6日間で、連休明けの名古屋の地を満喫してもらいました。来日した一行は、会員宅にホームステイしながら、名古屋市役所及び市会本会議場を表敬訪問しました。市内の笹島小学校も訪れ日本の子供達との交流学習も体験しました。また、太洋基礎工業での学習体験と歓迎会を通じて日本の風習、文化、工業技術も学びました。名古屋城、名古屋港水族館、南極観測船ふじ、東山動植物園、なばなの里、日本モンキーパーク、犬山城等を見学しました。子供達にとっては、名古屋の大地下街で買い物体験をしたことが、一番楽しかったようです。
 近い将来、この子供達が日中友好の架け橋になってくれることをささやかながら願っています。

s-名古屋市役所表敬訪問 s-なばなの里
s-南極観測船ふじ見学 s-太洋基礎工業
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

sabakuryokka

Author:sabakuryokka
Welcome! to our Blog

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR